◇ 第3回丸見屋寄席 6月22日  

 蔵之助師匠が艶笑話をしたのが第2回だった。今回は福團治師匠が怪談噺を披露してくれた。登場した幽霊は色香漂いつつ、かわいさも満点の女人だった。4回、5回と期待しよう。

 


◇ 粕屋地区ソフトボール大会  

 今年で34回目を迎える「粕屋地区ソフトボール大会」が15日、シーメイト(志免町)を会場に開催された模様。篠栗町からは篠栗ファイターズが出場し、筋書きのないドラマといわれるスポーツ大会で筋書きどおりに優勝したとの事後報告が当ミニコミ編集部に写真付きであった。
 次の活躍の場として粕屋郡民大会が待っているようだ。


◇ 中町区いきいきサロン  6月6日  

 女性パワーと、中町区らしさとを強烈に感じさせられたいきいきサロンでありました。中町区らしさとは何ぞやと問われても曰く言い難し、とにかく中町区らしいのでした。
 日本にはそのうちいきいきサロン文化なるものが育って、新たな文明の形ができるのかもしれません。



◇ 伊藤伝右衛門邸  5月  

 飯塚市幸袋の旧伊藤伝右衛門邸に初めて行った。タイムリーだ。幸袋に入ると白いノボリ旗が林立。柳原白蓮ゆかりの地 村岡花子と白蓮 NHK連続テレビ小説「花子とアン」放送! 葉山蓮子が登場・・・という文字が。入館料は三百円。筑豊・飯塚・幸袋 旧伊藤伝右衛門邸の案内(パンフレット)には、庭園や、全景、応接間のステンドグラス、二階の白蓮さんの部屋からの庭の写真が紹介。テレビに登場する嘉納伝助はあのように紹介されていますが、実際は・・・。
 柳原白蓮が伝右衛門の妻として約十年間を過ごしたゆかりの地であることは事実。遠く関東から来たという高齢の観光客の姿も。存命であれば百五十四歳の伝右衛門氏、幸袋小学校に講堂を寄贈(建設)したり、技芸女学校を創設したり、宝珠山炭鉱住宅は日本一だったということなど、社会貢献したことも事実。
 (私事になるが)筆者の曽祖父は存命なら百五十七歳、伝右衛門氏の三歳年上で、当時の大谷(おおや)村村長。同世代として、何らかの関わりがあったと推測される。また、現在、幸袋で女医をしている叔母(九十四歳 右写真)は、開業直後、病に臥せる伝右衛門氏を往診したという縁がある。
 隣町の飯塚市幸袋の邸宅を訪問してはいかがでしょう。     (横山記)



◇ 下町区いきいきサロン  5月22日  



◇ 篠栗町商工会総代会  5月23日  

 篠栗町商工会総代会総会が23日ありました。議長は夢屋の大将がされまた。客あしらいもうまいですが、議長もうまかった。

 デフレ脱却、人手不足、第三の矢の成長戦略が出るまでもなく、調子のいいアメリカ経済に引っ張られる日本経済。ということで、総会も盛り上がりました。by AC篠栗(写真報告できないのが残念です)。


◇ 新町区球技大会  5月11日  





◇ くりみん 小学校視察  5月吉日  




◇ 老松神社式年遷宮 稚児行列  4月29日  

 二十年に一度という老松神社 式年遷宮 御神幸祭、及び、稚児行列に参加しました。(二十九日、昭和の日)数日前から雨の予報があり、主催者は雨具の準備で前日まで、とても大変だったようでした。幸い、当日は曇り空で、傘もカッパも不要で、関係者をホッとさせたようでした。稚児行列のコースは、庄区~新町区~尾仲区を歩く3㎞の道のり。小さい子どもさんはベビーカーに、もっと小さな子どもさんは抱っこしての稚児行列でした。古式ゆかしい衣装は事前の申し込みが必要でしたが、中でも当日の急な申し込みで、間に合ったという若いおばあちゃんからお話を聞きました。記念になりますからねというそのおばあちゃんの優しいまなざしは十ヶ月のお孫さんに注がれていました。(横山記)





◇ みまもり隊  4月26日  


◇ あすなろ保育幼児園進水式  4月17日  


◇ 下町区1組お接待  4月5日  


◇ 花祭り 4月8日 

◇ 志免町大道芸フェスティバル 4月12,13日  

志免大道芸フェスティバル2014(雨天会場:シーメイト等)に行きました。今年で4回目となるフェスティバルには、全国から選りすぐりの大道芸人、アーティスト24組のパフォーマンスが楽しめました。入場料はなく、ハットマネー(投げ銭:感動や面白かった気持ちをステージが終わった時に)を投げ入れて大道芸を楽しむというスタイル。何といっても、芸人さんと観客が一体となったパフォーマンスの展開は、テレビや劇場では味わえないもの。曲芸技に感心したり、静かな動きに釘付けになったり、巧みな話術に笑いが出たり…、笑顔あふれる会場。百円で買ったパンフレットには、芸人さんの紹介や、企業・団体協賛、個人協賛、STAFF(実行委員会)、協力団体など、会を支えた団体や個人、広告主の店舗など会を支えた裏方さんの苦労が読み取れました。



◇ 新町区松寿会総会  


◇ 藤泰樹先生退職パーティ  3月29日

 出会いがあれば別れがある。長期間、粕屋地区に勤めて退職を迎えた藤先生(篠栗中・下町区出身)。抜けた大穴を埋めるは、あとに続く者が責務を負う。(3月29日・天神 ソラリア・ホテル)


◇ 乙犬区いきいきサロン  3月3日

 ひな祭りをテーマにして、乙犬区の「いきいきサロン」が3月3日、会員や福祉協力員が集って公民館で催されました。写真はシルバー川柳カルタ、二人羽織等の様子です。(情報提供:桜寿会代表の松田松誉さん)