サンデーリーグ戦 8月9日 町民球場


 第1試合 ジャンキース4-4イーグルス 勝投:  
 ジャンキースは6安打7盗塁と攻め立てたが三苫兄弟のタイムリーに止まり決定力が後一つだった。イーグルスは1,2番内田、今井がヒットを打って得点に絡むが西島に快音がでず引き分けに終わる。
 第2試合 アミーゴ2-1プリテンダーズ 勝投:相浦 
 桜井の二塁打で先手を取ったプリテンダーズだったが3回以降は相浦を打ちあぐねた。アミーゴは4回と6回に相浦、泉がタイムリーを打ってそのまま逃げ切った。


ヒットシーン

  1 2 3 4 5 6 7  
ジャンキー 1 0 0 1 2 0     4
イーグル 2 0 1 1 0 0     4
勝投 藤川 
  1 2 3 4 5 6 7  
プリテン 0 1 0 0 0 0 0   1
アミーゴ 0 0 0 1 0 1 X   2
勝投 相浦 二塁打 赤松・桜井(プ)相浦(アミ)
  1 2 3 4 5 6 7  
フェローズ 0 0 0 0 0 0 0   0
ヘッズ 0 0 0 3 2 2     7
勝投 欠端 二塁打 田中・重野・小林・菊地(ヘ)


 第3試合 ヘッズ7-0フェローズ 勝投:欠端
 いつも通りエンジンのかかりの遅いヘッズだったが4回から下位打線の小林、菊池らの活躍で小気味よく得点し快勝した。フェローズは元気がない。有隅と柴田のヒット2本だけで完封負けに終わる。


 第4試合 アイアンズ3-2レッドキングス 勝投:佐々木
 アイアンズは5回の木下の2点ツーベースタイムリーで試合を決めた。レッドキングスはヒット数で上回りながら2点止まり。


  1 2 3 4 5 6 7  
レッドキング 0 0 0 0 0 1 1   2
アイアンズ 0 0 0 1 2 0 X   3
勝投 佐々木 二塁打 木下(ア)


 第5試合 ラディッツ4-3ラウンダーズ 勝投:吉田
 勝ってトップを守りたいラウンダーズだったが緊迫した接戦をものにすることができなかった。「負けて緊張感のある展開になった方がいい」立畠監督は余裕とも背水の陣ともとれる言葉を口にする。3回に、矢野、村瀬の連続タイムリー二塁打がラウンダーズの勝利を予感させたものの4回ラディッツ橋本、倉岡に畳み込まれた。


  1 2 3 4 5 6 7  
ラディッツ 0 0 1 3 0 0 0   4
ラウンダー 0 3 0 0 0 0 0   3
  勝投 吉田 二塁打 矢野(ラ)村瀬(ラ)    


郡民体育大会軟式野球決勝 8月2日 カブトの森

サンデーリーグ 7月19日


サンデーリーグ 7月12日

サンデーリーグ 7月5日

 篠栗町野球リーグの最多勝利監督順位を調べてみた。1年間だけではおもしろくないので2012年に始まり今シーズンまでの4年間の合計勝利数を積算して順位をつけた。今シーズン優勝の最右翼ラウンダーズ立畠監督が2位の梅ノ井プリテンダーズ監督に2差をつけてトップに立った。リーグの顔イーグルス中村監督が僅差で3位に続く。昨年優勝のヘッズはリーグへの加盟が2014年からであり、かつ監督の交代もあって9位にとどまっている。昨シーズン中盤からめきめき実力を上げているアミーゴ坂井監督が上位3監督にどこまで迫るか。リーグ終盤の戦いに注目しよう。


軟式野球糟屋郡民大会 トーナメント表

篠栗町野球リーグ 27年6月28日

篠栗町野球リーグ 27年6月22日

篠栗町野球リーグ 27年6月14日

篠栗町野球リーグ 27年6月7日

ヒットシーン(6月7日)

勝敗表(6月7日)

個人成績

篠栗町野球リーグ 27年5月31日

  ヒットシーン

篠栗町野球リーグ 5月24日

ホームランシーン

ヒットシーン

篠栗町野球リーグ ホームラン 5月10日

篠栗町野球リーグ ヒットシーン 5月10日

篠栗町野球リーグ 4月26日

糟屋郡軟式野球大会最終日 4月26日

糟屋郡軟式野球大会第1戦 4月12日

篠栗町野球リーグ第4戦 3月29日

 第1試合 プリテンダーズ8-0アイアンズ 勝投:池見  
 まさかの開幕3連敗を喫したプリテンダーズだったが、この日は本領を発揮した。ヒットこそ打たなかったがチームの牽引車武本が4番に座ったのが大きいのか。赤松、熊谷、東島の1~3番打線が合計6本の安打を集めて大量8点をアイアンズから奪った。チームに合わせエース池見も9K完封勝利で本領発揮しプリテンダーズは4戦目にして片目を開けた。
 第2試合 ラウンダーズ5-1ゼオライト 勝投:矢野 
 ラウンダーズは打線は湿りがちだったが8個の盗塁を奪い機動力を見せつけて5得点して危なげなく勝った。ゼオライトは奥園、原田にヒットが1本ずつと打線は沈黙、勝機をつかめなかった。
 第3試合 ヘッズ9-3アミーゴ 勝投:瓦田
 いつも通りエンジンのかかりが遅いヘッズだったが、3回に1点を上げると後は王者の勢いで終わってみれば9得点の快勝となる。瓦田がアミーゴから10個の三振を奪い2勝目を上げハーラーダービーの本命健在ぶりを示した。遠山が2安打4打点と打のヒーローとなった。アミーゴは2連勝中の相浦がヘッズ打線を抑えきれず、全勝だったイーグルスとともに1敗となりヘッズに首位争いで一歩後退した。
 第4試合 ラディッツ2-1ジャンキース 勝投:田中
 ラディッツは7本のヒットを打ちながら2点止まりだったが先発田中が踏ん張り接戦を制した。田中は三塁打を含む2安打で適時打も打って投打に活躍し田中デーを演出した。ジャンキース先発藤川は被安打7ながら要所を締めて打線の援護を待ったが。
 第5試合 レッドキングス2-1イーグルス 勝投:大賀
 先発ピッチャーが定まらず苦戦がつづく今季のレッドキングスだったが、この日は先発大賀が7回を投げ抜いてイーグルス打線を1点に抑え完投勝利投手となった。イーグルスは今井、北島、井上と三本の二塁打を打ちながら得点に結びついたのは北島だけ。大事な試合を落とした。


篠栗町野球リーグ第4戦ヒットシーン 3月29日


篠栗町野球リーグ第3戦

篠栗町野球リーグ開幕第2戦  3月15日号

 第1試合 ヘッズ12-2ラディッツ 勝投:瓦田
 ヘッズが前半で試合を決めて2連勝した。10安打7四球で効率よく攻め12点の大量点を上げ、小林、瓦田とつないでラディッツ打線を2点に抑えた。
 第2試合 フェローズ7-2プリテンダーズ 勝投:佐本
 フェローズは先発8人に安打が出て合計10本の安打をプリテンダーズエースの池見から奪って快勝した。先発投手の佐本は自らも満塁弾を打って投打に活躍、この試合のヒーローになった。プリテンダーズも後半、赤松の三塁打などで反撃ののろしを上げたが7点のビハインドは大きかった。
 第3試合 アミーゴ9-2ジャンキース 勝投:相浦
 アミーゴは昨季からの好調を持続し、1番馬場に始まって上位陣がまんべんなく打って2回までに6得点し試合の主導権を握りそのままジャンキースを突き放した。これで開幕2連勝。
 第4試合 イーグルス11-0アイアンズ 勝投:上村
 1回ランナー3人をおいて西島がいきなり左中間最深部にぶち込む。アイアンズの出鼻をくじいた特大満塁ホームランが飛び出した。この日のイーグルスの好調さを象徴するホームラン劇で幕を開けた。先発投手に定着しつつある上村投手が若手ながら度胸のあるピッチングでアイアンズ打線を0封して勝利投手に。復帰した中村監督をもり立てた。
 第5試合 ゼオライト3-1レッドキングス 勝投:原田
 今年からリーグに加入したゼオライトがレッドキングスから初勝利を奪った。1回に打点2を稼ぐ新里の二塁打でゼオライトは優位に立つ。先発原田はレッドキングス打線を5回まで0点で抑えて、島田、岩見とつないでレッドキングスに反撃の芽をつくらせなかった。今季1番に起用されている北がボール球には絶対に手を出さないリーグ一の選球眼のよさで3四球と出塁したが点に結びつかなかった。最終回の岩見の三塁打で一矢を報いるにとどまった。


篠栗町野球リーグ開幕第1戦  3月8日号

 篠栗町野球リーグは八日、町民球技場で開幕式を開き、春夏秋と3シーズンにわたって熱戦を繰り広げる今シーズンをスタートさせた。
 今年もこの篠栗新聞では、運営委員長の立畠ラウンダーズ監督の協力を得て、リーグの有為転変を追う。

 第1試合 ジャンキース3-1ゼオライト 勝投:渡辺
 新参ゼオライトはリーグ加盟の第一戦を勝利で飾ることができなかった。先発奥園、リリーフ原田と投手陣は踏ん張ったが打線はノーヒットでチャンスを作らず。ジャンキースは1番の松尾が2安打2打点と活躍勝利を呼び込んだ。
 第2試合 アイアンズ7-4レッドキングス 勝投:佐々木
 アイアンズは制球に苦しむレッドキングス投手陣から16個のフォアボールを選んで大量点を上げ楽勝した。レッドキングスは9番の森に二塁打を含む2安打がでて、北らのタイムリーで得点を重ねるが追いつけなかった。
 第3試合 ラウンダーズ1-1ラディッツ
 ラウンダーズ松尾、ラディッツ田中がそれぞれ力投し相手打線を最少失点に抑えた。矢野、中村に快音がでたものの全体に打線がつながらないラウンダーズは初回矢野がホームを踏んだ1点止まり、2回以降はゼロ行進となった。ラディッツも初回の安松の本塁打による1得点だけに終わる。
 第4試合 ヘッズ5-4プリテンダーズ 勝投:勝投:小林
 昨年の覇者ヘッズは接戦を制して2連覇に向け力強くスタートした。2回までヘッズ打線を抑えていた先発池見は3回につかまった。上位打線の馬場、田中、瓦田、松元に合わせられ、4点を失う。さらに松元のホームランでダメ押された。プリテンダーズ打線は敗色濃厚の最終回、赤松の三塁打に始まり安打を集中し、東島、熊谷、桜井の連続ヒットで後1点までに迫るが、結局1点差に泣いた。
 第5試合 アミーゴ7-6フェローズ 勝投:相浦
 アミーゴは高日兄弟、赤木が2安打と暴れ、上位陣にヒットが集まって、相手の2回のリードをひっくり返して勝負強さを見せて初戦を勝利で飾った。フェローズも1番柴田の3安打はじめチーム7安打と打線好調だったが後一つが足りなかった


篠栗町野球リーグ開幕間近  3月1日号

 篠栗町野球リーグは2月度理事会を13日に“あのん”で開き、開幕式の日程および秋までの長丁場のリーグ組合せを決めた。
 今年も全11チームで優勝旗と胴上げをめざし2回総当たりのリーグ戦を戦う。昨シーズン最下位に低迷したフェニックスがリーグから姿を消し、替わって初陣を飾るのが昨年の町長杯争奪で3位に食い込んだゼオライトである。
 昨季優勝の隣町チームヘッズに臥薪嘗胆の地元チームがどこまで王者に迫るか。球春の興趣は尽きない。