2016年

28年11月20日第4試合            
  1 2 3 4 5 6 7  
アイアンズ 0 0 0 0 0 0 3   3
ラウンダーズ 1 1 4 0 2 1 α   9
勝投ー矢野 本塁打ー田口(ラウン) 三塁打ー田口・松尾(ラウン) 二塁打ー平山・村瀬2・松尾・立畠(ラウン)

 

28年11月13日3試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 2 0 0 0 1 0 4   7
アミーゴ 1 1 0 0 0 0 0   2
勝投ー松尾 本塁打ー山本(ラウン)・高日兄(アミ)二塁打ー中村・岡田(ラウン)・田中・高日兄(アミ)

 

28年10月23日3試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ゼオライト 0 1 0 0 0 0     1
ラウンダーズ 0 0 2 0 2 α     4
勝投ー有松 本塁打ー平山(ラウン)二塁打ー岡田・有松・村瀬・山本(ラウン)

 

28年10月23日1試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 0 0 0 1 0 0 0   1
プリテンダーズ 0 0 2 0 0 0 α   2
勝投ー池見 二塁打ー村瀬・山本・有松(ラウン)・清田・武本(プリ)

 

28年10月2日第3試合            
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 0 0 0 1 0 0 0   1
イーグルス 3 0 0 0 0 2 α   5
勝投ー西藤                   

 

28年9月25日第1試合            
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 3 0 0 0 2 0 0   5
レッドキングス 2 1 0 0 0 2 0   5
本塁打ー中村(ラウン)・大賀夕・福田(レッド) 三塁打ー大賀夕(レッド) 二塁打ー平山(ラウン)・丸山(レッド)

 

28年8月7日第2試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
イーグルス 0 0 1 0 0 0 5   6
ラウンダーズ 2 0 0 4 1 0 α   7
勝投ー村瀬 二塁打ー寺地(イーグ)・吉原・中村(ラウン)

 

28年7月24日第3試合                  
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダー 1 0 1 1 0 2 0   5
ジャンキー 0 3 0 0 0 0 0   3
勝投ー村瀬 本塁打ー吉原 二塁打ー松尾(ラウン) 栗須・藤川・星本・大西・三苫(ジャン)

 

28年7月17日第3試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 0 0 0 1 2 2 1   6
フェローズ 0 0 0 0 1 0 0   1
勝投ー村瀬 三塁打ー平山(ラウン) 二塁打ー矢野(ラウン)・高橋(フェロ)

 

28年7月10日第1試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 0 0 6 3 0 1     10
ラッディッツ 1 0 0 0 0 1     2
勝投ー村瀬 二塁打ー平山・井上(ラウン)・倉岡(ラディ)

 

28年5月22日第5試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 4 1 1 3 3 0 0   12
ゼオライト 0 7 0 0 0 1 0   8
勝投ー宮田 本塁打ー松井(ゼオ) 三塁打ー井上(ラウ) 二塁打ー吉原・宮田(ラウ)・新星・北野園(ゼオ)

 

28年5月15日第5試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
フェローズ 1 5 0 0 0 1 0   7
ラウンダー 0 0 2 1 0 2 0   5
勝投ー佐本 二塁打ー佐々木(フェロ)村瀬・井上(ラウ)

 

28年5月8日第2試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
アミーゴ 0 1 0 2 0 0 2   5
ラウンダーズ 1 0 2 0 1 0 0   4
勝投ー田中 本塁ー高日(アミ)・吉原(ラウ) 二塁打ー高日弟(アミ)・岡田・井上・有松(ラウ)

 

28年4月24日第2試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダーズ 1 5 3 0 3       12
アイアンズ 0 0 0 1 0       1
勝投ー有松準也 本塁打ー吉原(ラ)・佐々木(アイ) 三塁打ー岡田・中村(ラ) 二塁打ー岡田・平山・平山(ラ)

 

28年4月3日第2試合              
  1 2 3 4 5 6 7  
ジャンキー 0 0 0 0 0 0 0   0
ラウンダーズ 2 1 0 2 1 1 x   7
勝投ー酒匂 二塁ー平山(ラウ)          

 

28年3月20日 第1試合            
  1 2 3 4 5 6 7  
レッドキング 0 0 1 0 0 3 3   7
ラウンダー 1 0 1 3 3 2 x   10
勝投ー城 本塁ー井上(ラウ) 三塁打ー中村・大賀夕(レ)吉原(ラウ) 二塁打ー丸山・福田・島田(レ)・城(ラウ) 

 

28年3月13日 第一試合            
  1 2 3 4 5 6 7  
ラッディッツ 0 0 0 0 0 0 0   0
ラウンダーズ 2 0 0 1 1 0 x   4
勝投ー松尾 二塁打ー吉原・村瀬(ラウ)      

 

28年3月6日 第四試合            
  1 2 3 4 5 6 7  
プリテンダーズ 0 3 0 0 4 0     7
ラウンダーズ 0 0 0 1 0 3     4
勝投ー池見 三塁打ー岡田(ラウ) 二塁打ー園田(プリ)・松尾・矢野(ラウ)

 

2015年

27年11月15日 第二試合
  1 2 3 4 5 6 7  
レッドキング 0 1 1 0 1       3
ラウンダーズ 5 0 6 0 2x       13
勝投ー有松 本塁打ー井上・村瀬


27年10月25日 第五試合
  1 2 3 4 5 6 7  
ジャンキー 0 0 0 0 0 0 2   2
ラウンダー 3 0 1 0 3 0 X   7
勝投ー宮田 二塁打ー矢野


27年10月18日 カブトの森 第一試合
  1 2 3 4 5 6 7  
アミーゴ 1 0 0 0 0 0 3   4
ラウンダーズ 0 2 5 0 0 2 x   9
勝投ー宮田 本塁打ー高日兄 二塁打ー田中・高日弟・平山2・中村2・井上


27年10月11日 町民球場 第五試合
  1 2 3 4 5 6 7  
ラウンダー 2 1 5 1 1 0 2   12
アイアンズ 0 0 0 2 0 0 0   2
勝投ー宮田 本塁打ー平山・中村・矢野 三塁打ー井上 二塁打ー吉原・村瀬・矢野・宮田・城・佐々木・近藤・川原


◇リーグ戦  カブトの森 27年10月4日

27年10月4日 第1試合
  1 2 3 4 5 6 7  
イーグルス 1 0 0 5 1       7
ラウンダーズ 0 1 3 2 2       8
勝投ー松尾 三塁打ー北島 二塁打ー矢野


◇リーグ戦 町民球場 27年8月9日

  1 2 3 4 5 6 7  
ラディッツ 0 0 1 3 0 0 0   4
ラウンダー 0 3 0 0 0 0 0   3
勝投 吉田 二塁打 矢野(ラ)村瀬(ラ)


◇リーグ戦 カブトの森 27年6月7日

◇リーグ戦 カブトの森 27年5月17日

H27年5月10日 篠栗野球リーグ戦

H27年4月27日糟屋郡軟式野球大会1日目

H27年3月29日対ゼオライト

【3月29日

 第2試合 ラウンダーズ5-1ゼオライト 勝投:矢野 
 ラウンダーズは打線は湿りがちだったが8個の盗塁を奪い機動力を見せつけて5得点して危なげなく勝った。ゼオライトは奥園、原田にヒットが1本ずつと打線は沈黙、勝機をつかめなかった。


 【3月22日】

 第1試合 ラウンダーズ10-4プリテンダーズ 勝投:矢野
 ラウンダーズは中村にホームラン、平山と内田が3安打し、チーム合計13安打の乱れ打ちで快勝した。先発はエース矢野、1回制球が定まらず4点を失ったものの、2回以降はプリテンダーズにチャンスを与えず中村につないだ。プリテンダーズは開幕戦から3連敗、優勝争いに黄信号がともった。毎年ハーラーダービーを争っている池見は勝利の女神から見放されている。



 【3月8日】

第3試合 ラウンダーズ0-0ラディッツ
 ラウンダーズ松尾、ラディッツ田中がそれぞれ力投し相手打線を最少失点に抑えた。屋の、中村に快音がでたものの全体に打線がつながらないラウンダーズは初回屋のがホームを踏んだ1点止まり、2回以降はゼロ行進となった。ラディッツも初回の安松の本塁打による1得点だけに終わる。


◇  リーグ戦 10月26日

◇  リーグ戦 9月14日

 第3試合 ラウンダーズ4-3レッドキングス 勝投:矢野
 ラウンダーズは貴重な白星を接戦の末勝ち取った。1回無視二、三累のチャンスをつぶしたラウンダーズは2回に井上が値千金のツーランホームラン、この回合計4得点した。3、4,5と無安打がつづき追加点がとれない。4回にレッドキングスに1点差に詰め寄られるが先発矢野が踏ん張り6回城につないで1点を守りきった。1回の大賀の左前安打にワイルドピッチなど絡んで2点を先制したレッドキングスは4回渡辺のホームランで追撃ののろしを上げたかにみえたが5回以降決定打が出ずあと1点に泣いた。


◇  リーグ戦 9月7日

◇ 町長杯準決勝 8月31日

 準決勝 ヘッズ3-1ラウンダーズ
 先制したのはラウンダーズだった。2回に村瀬、竹原の連続ヒットのチャンスは実らなかったが、3回、2死後に内田が中前安打、前場が右越え2塁打の殊勲打。その裏、ヘッズは松元の2点ホームランであっさりと試合をひっくり返す。ラウンダーズは4回、5回と得点圏にランナーを進めるが一発が出ない。追加点はヘッズの方だった。5回、瓦田(貴)がセンター後方を襲う3塁打を決めて四球で出た田中を迎え入れ自らも悪送球に乗じて生還、ラウンダーズの戦意をくじいた。最終回内田らの連続ヒットであたりを取り戻したがとき既に遅しだった。


◇ 町長杯2日目

◇ 町長杯1日目

◇ 第16週 7月6日

第1試合 ラウンダーズ1-0フェローズ
 雨中の戦いとなる。両チームの打線は湿りがちだった。ラウンダーズ中村、フェローズ清田の投げ合いは、だから投手戦ということになった。両チームあわせてなんと33個の三振の山を築く。梅雨空のもやもやを吹き飛ばしたのは延長9回ラウンダーズの攻撃だった。この試合2番に入った井上が右越えの二塁打、中村の打球がキャッチャーの前を転がる間に決勝点のホームを踏む。


◇ 第13週 6月15日

第2試合 ヘッズ2-2ラウンダーズ
 両チームは必勝の構えでぶつかった。立ち上がりは投手戦の様相、だが試合は意外と早く動く。ラウンダーズ2回裏の攻撃、3番内田のバットに快音が響く。鋭い打球は左中間を転がって二塁打となった。1死後、平山の打球は右方向に舞い上がり、ライトの前の絶妙の位置に落ちて内田が判断良くホームを陥れる。平山は果敢に盗塁を狙い成功、さらにチャンスはつづくかにみえたがケアレスミスに泣く。「流れはこっちよ、完璧に」とベンチは押せ押せムードで迎えた3回、右越えの二塁打の村瀬を、有松がバントで3塁に送ったのが結果をもたらした。パスボールで労せずして2点目をあげる。追うヘッズは、松尾投手の制球のいい変化球をうちあぐねる。1回敵失で得た3塁ランナーが自滅したのが痛く、2回、3回、4回と得点圏にランナーを進められない。5回も2死までとられるが、ここから首位を独走するチームの本領を発揮する。大橋が左中間を破って2塁打、菊池も四球でつづく。松本が中越の文句なしの2塁打で走者二人を迎え入れる。試合は延長8回までもつれ込んだ。6回にはラウンダーズ、7回にはヘッズが得点圏にランナーを進め決勝点と期待させる場面をつくったが得点に結びつかず。とりわけ7回ラウンダーズの守備、無死満塁の場面でリリーフに立った中村が本塁ホースアウトのダブルプレーでしのいだのが光る。ラウンダーズにとっては悔しさが残りつつも満足のいく勝負だったようだ。


◇ 第12週 6月8日

第5試合 ラウンダーズ12-1アミーゴ 勝投:矢野
 首位ヘッズを追う2チームの戦いは、ラウンダーズの一方勝ちとなった。3番内田が二塁打を含む2安打で3打点、今シーズン絶好調の中村が本塁打と二塁打、勢いが乗り移ったか平山にも本塁打、二塁打が飛び出し、長打の合計が9本と強いラウンダーズが戻ってきたか。先発矢野もスミ1の完投勝利で、後半戦を勢いよくスタートさせた。先制したのはアミーゴだった。1回、二塁打の今林がホームを踏んで1点、しかし2回以降は矢野の前に打線は沈黙、惨敗となった。坂井監督以下、どう立て直して前半戦の勢いを取り戻すか。


◇ 第11週 6月1日

第2試合 ジャンキース4-3ラウンダーズ  勝投:大西
 前半小刻みに点を入れられたジャンキース、後半に3点差を追う展開となる。まず6回左越え二塁打の大西が相手守備の乱れでホームを踏みさらに千住が中前に落として2点目、7回には大山がレフトを襲う二塁打で3点目とし延長に持ち込んだ。延長8回に太田がレフト後方にはじき返して決勝点となる。1回は中村の犠牲フライで、3回は内田のライト前タイムリーでそれぞれ1てんずついれ、5回にも1点を追加して必勝パターンのラウンダーズだったがジャンキース後半の追い上げに屈した。


第10週 5月25日
 首位ヘッズは休養日、そのヘッズを2.5差で追うアミーゴはじめ4チームはこの日全て勝った。4チームの内どこが最後までヘッズを脅かすか、どのチームも試合ごとのぶれが大きく予断を許さない。レッドキングス、イーグルスは借金生活に陥り、優勝争いから後退した。フェローズは最終回に逆転勝ちし最下位陥落を免れた。
第4試合 ラウンダーズ10-1イーグルス 勝投:矢野
 矢野がレフトに、吉原がライトにアーチをかけてイーグルスの戦意をくじいたか。吉原はあわやサイクルヒットと長打3本で手がつけられなかった。矢野は久しぶりの勝利投手。イーグルスは連続四球で出た佐菅がタッチアップで本塁を踏んだのみで無安打に終わった。


◇5月18日

第9週 5月18日
 勝って首位ヘッズに食らいつきたいアミーゴは必勝の気迫で試合に臨んだものの1点差に泣いた。アミーゴ以下4チームがヘッズを2.5差で追いかける構図となった。最多勝利投手も相浦に二つ差を付けて瓦田が走る。ホームラン争いは本命の北に2号目が飛び出して1位に並びおもしろくなってきた。折り返し点も近い。チーム、個人成績とも目を離せない展開はつづきそうだ。

第3試合 ラウンダーズ3ー0アイアンズ  勝投:松尾
 前試合で逆転ホームランの中村は、この日はチャンスメーカーとなり、6番に回った吉原が2適時を打つ。選抜松尾は4回を投げアイアンズ打線を0封、勝利投手となる。アイアンズは連勝を伸ばすことができなかった。


第8週 5月11日
 前週ヘッズに0.5差と迫ったアミーゴだったが7安打と快調な打撃が点に結びつかず敗戦に終わる。ヘッズは大差で勝ってゲーム差が開いた。自習の直接対決はアミーゴにとって負けられない戦いとなる。さらに1ゲーム差で3位に4チームが同率で並ぶ。ラウンダーズ中村の逆転ツーランホームランはじめ5本のホームランが乱れ飛んだ一日だった。
第5試合 ラウンダーズ3ー2フェローズ 勝投:村瀬 
 中村の劇的逆転ツーランホームランでラウンダーズが勝った。1点差を追うラウンダーズ6回の攻撃、まずこの日2安打の矢野が左前ヒットで出塁し2進したあと3番吉原の外野フライは右寄りに飛びランナー矢野は果敢に進塁し3塁を襲う。畳みかけるラウンダーズの攻撃は中村の一撃で見事に実を結ぶ。松尾→村瀬とつないだ投手陣はフェローズ打線を2点に抑え逆転劇をお膳立てした。フェローズは馬場が2安打し6回に試合をひっくり返したが攻撃はそこまでだった。


◇4月27日 第7週 

 ヘッズがジャンキースに不覚をとる波乱。アミーゴはこの日も快勝してヘッズに0.5差に迫る。ここ4年Bクラスが続いたアミーゴの今季の強さは本物か。2強の争いは18日に直接対決の場面があり楽しめそうだ。昨季の開幕試合から勝利に見放されていたアイアンズが大変身して大勝した。昨季の覇者イーグルスはじめ5チームが勝率5割で並ぶ展開、どのチームが抜け出て優勝争いに絡むか。

第5試合 ラウンダーズ5ー0プリテンダーズ 勝投:松尾 
 2年前まで最多勝利を争った松尾・池見の先発ではじまった。ラウンダーズは2回吉原の右越えタイムリーツーベースでまず1点、3回も矢野が同じく右越えに二塁打を打って着実に加点、武本一人絶好調のプリテンダーズを退けた。




◇4月6日 第6週 

 ヘッズはワンサイドゲームだけでなく接戦にも強い。連勝記録を伸ばしてトップを走る。1敗でヘッズを追っていた2チームの内アミーゴはエース相浦が調子をあげラウンダーズを寄せ付けず勝つ。単独2位と予想外の展開となった。一方イーグルスはラディッツを相手に接戦を落として一歩後退する。昨年の覇者ラウンダーズは上位打線が沈黙しアミーゴに完敗して借金生活に落ち込む。
第1試合 アミーゴ6ー0ラウンダーズ 勝投:相浦
 アミーゴは勝って単独2位に躍り出た。高日(光)と相浦が2安打を打って確実に点につなげ、3階で6点差をつけ快勝、ヘッズの背中を追う。相浦は与四球1で完封した。ラウンダーズは平山、矢野の安打だけでチャンスを作れず。


◇3月30日 第5週 

 首位を走るヘッズに死角はなく、この日も危なげない勝ちっぷりで開幕5連勝して、2位以下の星のつぶし合いを後目に優勝へまっしぐらというところ。昨シーズンからチーム力が上向いてきたアミーゴが3勝1敗でイーグルスと並んで2位につけるというおもしろい展開となった。昨年の覇者ラウンダーズは負けて5割となる。フェローズは4戦目にして片目が開く。アイアンズは‥。
第1試合 ヘッズ5ー0プリテンダーズ 勝投:瓦田
 ヘッズは4番松元がツーランホームランを打ち、先発瓦田が4回を投げ、欠掛→大橋とつないてプリテンダーズ打線をゼロ封し、攻守にバランスのとれた試合展開で快勝した。プリテンダーズは松岡のヒット1本に終わる。
第2試合 レッドキングス5-2ラウンダーズ 勝投:大賀
 ラウンダーズは初回松尾のタイムリーなどで2得点、そのまま走るかにみえたが2回以降沈黙、レッドキングスは主砲北がホームランを打って勢いがつく。リリーフした大賀が5回を投げラウンダーズ打線にスキを見せなかった。


◇3月23日 第4週 

 頂上決戦は投手戦となった1点差勝負に勝ってヘッズに軍配が上がった。ヘッズはリーグ序盤で早くも優位に立った。プリテンダーズ、イーグルスは勝って、ラウンダーズとともに1敗でヘッズを追う。レッドキングスはアミーゴに打ち負け貯金を失った。アイアンズは勝利の女神に見放されたまま負けがつづく。各チームのエースは順調に勝って白星を増やす。
第1試合 ヘッズ2ー1ラウンダーズ 勝投:瓦田
 ラウンダーズは1番吉原が一人、気を吐いた。初回にいきなりのホームラン。強敵ヘッズを相手に先発星がこの1点を懸命に守る。1点を先行されたヘッズだったが終盤底力を見せる藤城が逆転タイムリーで試合を決めた。


◇3月16日 第3週 

休み

◇3月9日 第2週 

ラウンダーズ6 3ラディッツ  勝投:星
 ラウンダーズは前半で試合を決めた。下位打線の中村、村瀬が長打攻勢で計6点をたたき出す。ラウンダーズの先発は星、ラディッツ打線を1点に抑え5回から矢野につなぐ。ラディッツは二塁打2本の田中はじめよく打ったが点に結びつかず。




◇ 3月2日

3月2日 カブトの森
 強豪ヘッズが加わって11チームが覇を競う篠栗町野球リーグが2日開幕した。昨季初優勝して意気が上がるラウンダーズは、危なげない試合展開で開幕戦を白星で飾った。ともに優勝を狙うイーグルス、レッドキングス戦は、投打がかみ合ってイーグルスが接戦をものにした。プリテンダーズはジャンキーズに不覚をとる。波乱のシーズンとなる予兆を漂わせ、晩秋までの戦いは火蓋を切った。

第5試合 ラウンダーズ6ー1フェニックス 勝投:矢野 
 昨年の覇者ラウンダーズは好調を持続、フェニックスを5点差に突き放して初戦勝利で今シーズンをスタートした。内田、平山、松尾のクリーンナップが仕事をきっちり果たし前半で試合を決めた。フェニックスは出塁はする物の得点に結びつかず4回の1点止まり、本調子でない矢野を捕まえることができなかった。

〈監 督〉

○ 立畠

〈先発メンバー〉

1 吉原

2 有松

3 内田

4 平山

5 松尾

6 矢野

7 星

8 村瀬

9 城

〈個人成績〉

勝利投手  矢野

二塁打  松尾

シングルヒット  有松 内田 平山 星×2 村瀬

打点  平山(3) 星(1)

盗塁  有松 内田 星 城

 






松井監督
松井監督
2回松井センター前ヒット
2回松井センター前ヒット
足立四球
足立四球
センター前タイムリーの中村
センター前タイムリーの中村
田中レフトフライ
田中レフトフライ
松井四球
松井四球
橋本四球で足立をかえし2点目
橋本四球で足立をかえし2点目
中村ワイルドピッチで2回3点目
中村ワイルドピッチで2回3点目
6回吉原四球
6回吉原四球
岡田も四球
岡田も四球
レフト前2点タイムリーの内田
レフト前2点タイムリーの内田
立畠監督中村にピッチャー交代を告げる
立畠監督中村にピッチャー交代を告げる
7回先頭バッター平山四球
7回先頭バッター平山四球
中村レフトオーバー三塁打を放ち平山をかえす
中村レフトオーバー三塁打を放ち平山をかえす
三塁へ滑り込む中村
三塁へ滑り込む中村
城デッドボールで逆転の希望をつなぐ
城デッドボールで逆転の希望をつなぐ
村瀬の渾身の一撃はセンターの好守に阻まれた
村瀬の渾身の一撃はセンターの好守に阻まれた

レフト前2点タイムリーの内田
レフト前2点タイムリーの内田
岡田も四球
岡田も四球
6回吉原四球
6回吉原四球
立畠監督中村にピッチャー交代を告げる
立畠監督中村にピッチャー交代を告げる