◇ 中体連サッカー糟屋区大会          7月12 13日

◇ 中体連バレーボール女子糟屋区大会      7月12 13日

苦闘、熱闘、死闘の末、篠栗中学校女子バレーボール、粕屋区大会で優勝する。



◇ 中体連ソフトボール糟屋区大会      7月5日

◇ 第1試合  篠栗中7-1古賀北中 勝利投手:佐藤

 一回表の篠栗中の守り、佐藤投手はストライクを先行させ、守備も確実な処理と判断良い落下点への集中で隙がない出だしだった。裏の攻撃では山口(真)の右前タイムリーなどで2点を先制する。2回には山口(未)にライトオーバーのホームランが飛び出す。さらに3回には先頭バッターの山口(真)が右中間へ打ってホームラン、宮井も二塁打でつづきこの回2点を追加した。5回にも攻撃の手を休めず、山口(真)と吉田(琴)が左右に打ち分けてホームラン、豪勢に試合を進め、選手・ベンチ・応援団盛り上がる。先発佐藤は4回まで古賀北に二塁を踏ませない安定感のあるピッチングで押す。5回に本塁打を浴びて一点を献上した。6,7回はランナーを背負ったが要所をしめ大差勝利。
◇ 第2試合  篠栗中9-0古賀北中 勝利投手:佐藤 

 二年生選手山口(未)がホームランを含む3安打でチームを引っ張った。2回の攻撃、宮井・吉田がノーアウトで出塁する。ここで6番藤崎が確実に仕事をする。ライト前に打って二人をホームに迎え入れた。さらに自らも吉田(亜)の絶妙のバントで本塁を陥れ貴重な追加点、この回3得点して流れをつくる。3回には佐藤の右前適時打で1点、4回にも山口(未)の二塁打を起点に1点を加える。キャプテン佐藤投手の投球は味方打線の勢いも手伝って冴えわたる。5回を投げて古賀中打線を完封する。コールド勝ちを決めた篠栗中5回の攻撃の圧巻は山口(未)のスリーランホームランだった。篠栗中は二試合とも大差でけりをつけて、堂々の地区大会進出を演出した。


◇ 中体連軟式野球糟屋区大会      7月5日

 野球は昨年につづき地区大会の出場権を得ることができなかった。臥薪嘗胆、捲土重来がつづく。


◇ 中体連ソフトテニス糟屋区大会      7月5日

◇ 中体連柔道糟屋区大会          7月5日

◇ 中体連剣道糟屋区大会          7月5日

◇ 中体連軟式野球糟屋区大会カブトの森     7月5日

◇ 中体連ソフトボール糟屋区大会 古賀中学     7月5日

◇ 中学ソフトボール糸島カップ決勝トーナメント 前原中 6 月8日

◇ 中学ソフトボール糸島カップ予選リーグ 志摩中学   6 月1日

 糸島カップ(6月1日~・志摩中)に出場した篠栗中は初日3試合を戦った。
 1試合目の対戦は平野中。篠栗中は敵失で出た花牟禮を山口(真)がセンター前に打ち返してホームに迎え入れ先制、3回1点を追加したあと4回には両山口の長打攻勢で3得点して試合を決めた。
 二丈中を相手の2試合目、先頭バッターの山口(未)が左中間を破ってホームランを打つ。制球に苦しむ相手ピッチャーから四球を選んでランナーをためこの回6点を奪う。続く2回も山口(真)のホームランなどで大量8点を追加してワンサイドゲームとなった。
 この日の最終戦を河東中と戦う。1回に山口(真)が2本目のホームランで先制した。その裏、二、三塁に走者をおいて二塁打を浴びる。エラーも絡んで3失点と逆転される。篠栗中の反撃は早かった。2回表、1回のホームランに続く山口(真)の2塁打などで4点を入れ逆転、さらに3回にも河東中の守備の乱れをついて点を追加して安全圏へ。篠栗中は3連投した佐藤の好投と手堅い守備もあって3試合全てを勝利で飾った。


◇ 中学ソフトボール糸島カップ予選リーグ 志摩中学   6 月1日

◇ 篠栗中学校体育会「部活動」さっそうと登場   5月17日










◇ 中学野球 カブトの森杯   5月3日

 ホスト校として裏方役も担いながら出場したカブトの森杯、篠栗中は1回戦で涙を飲んだ。両チーム快打が出ないまま1対1で迎えた最終回、タイブレカーとなって先攻の篠栗中は1得点したものの、その裏2点を返されて1回戦での敗退となった。(5月3日・カブトの森球場)





◇ ソフトボールフェスティバル   4月27日

 夏本番に向けて篠栗中ソフトボール部は精力的に大会に出場し腕を磨く。27日は宗像フェスティバルだ。
 予選リーグ初戦を福間中とたたかう。出だしは両チームともエンジンがかからず1,2回と三者凡退。3回、篠栗中は鮮やかに先制した。2死後打席に立った吉田(亜)のあたりはショートを強襲しエラーを誘う。2盗のあと悪送球で生還する。佐藤投手は3回も福間中打線を完璧に封じ三者凡退とした後の3回篠栗中の攻撃、先頭バッターの山口(真)がレフトに鋭くはじき返しボールは外野最深部に転がりホームランとなる。さらに宮本がバントヒットで出塁し、花牟禮も左前ヒットで続く。ランナー二人をおいて宮井が左前ヒット、これを相手守備が前に留めることができず外野後方に転がる間に3人が生還し、佐藤のヒットでだめ押しの1点も加えた。時間切れで最終回となった4回の福間中の攻撃を1点で押さえ貫禄勝ち。





◇ あいさつ運動 4月


◇ 中学ソフトボールオール福岡大会

4月6日(日)、篠栗中ソフトボール部はオール福岡春季大会(予選・和白丘中)に出場。春休み最後の2試合。1勝1敗で次の予選につなぎました。新チームになって、新人戦大会で(筑前地区大会)優勝、福岡県大会3位。2月の香椎カップ大会で優勝。4月新学期からは3年生・2年生チームとなり、夏の中体連大会に向けて好スタート。このごろ感じるのは2年生の成長。身体も守備力、打力、走力も3年生に近づいています。4月~6月の練習試合を通して更なる成長が期待できます。




◇ 中学軟式野球(写真報告)  3月22日