九州森林スポーツフェスタ 11月15日

九州森林スポーツフェスタ 11月15日

ささリンピック2015 11月1日

糟屋郡少年相撲大会 27年10月18日

篠栗町長杯争奪少年剣道大会 27年9月19日

庄区グラウンドゴルフ 8月31日

篠栗町長杯第35回篠栗町夏期(太祖宮)相撲大会 7月19日

老松神社子ども奉納相撲大会 7月12日

津波黒区川端相撲 7月5日

第32回福岡県少年柔道選手権大会 6月7日

篠栗町合気道教室

庄区グラウンドゴルフ 3月

篠栗町少年スポーツ大会 2月25日

優勝 篠栗ベアーズ
優勝 篠栗ベアーズ

2月15日(日)は、篠栗町体育協会主催の少年スポーツ大会(競技種目はシャフルボード)が、50周年記念体育館であった。参加チームは競技名で紹介すると、ミニバスケット、少年野球、ジュニアバレー、テニス、柔道、剣道、相撲、空手など参加チーム数はのべ46チームとなった。4人一組のチームで予選~決勝まで。優勝は勢門ベアーズB、準優勝は篠栗イーグルスD、三位は篠栗ミニバスケットB、篠栗イーグルスE。それぞれユニフォームや練習着で参加し、チームメイトや監督、コーチ、保護者からの熱い声援を受けて(日頃やらない)シャフルボードで楽しい日曜日を過ごした。




準優勝 篠栗イーグルス
準優勝 篠栗イーグルス
3位 篠栗ミニバスケット
3位 篠栗ミニバスケット
3位 篠栗イーグルスE
3位 篠栗イーグルスE

庄区グラウンドゴルフ月例会 1月

 庄区のグラウンドゴルフ月例大会はいよいよ終盤となった。最終戦は三月月例会となるようだ。
 昨年の覇者 栗須氏が体調をこわし戦列から離脱、堤氏がトップの座を奪い独走している。通算七十台の吉瀬氏、池浦氏、の奮起に期待しよう。もし栗須氏が出場を続けていれば、堤氏との優勝争いは見応え十分の展開になっていただろう。欠場が惜しまれる。早期の復帰を祈ろう。惣島女史が十一月の森山女史につづき月例トップにたった。だがベスト5にはいるには、男性上位陣の壁は厚い。

◆ 篠栗出身スポーツ選手の活躍 1月4日号

 駅伝の季節である。人気先行の箱根駅伝とは違い実力日本一をきそう「ニューイヤー駅伝」(1月1日開催)に篠栗町出身の小椋新之介選手が5区で出走した。予選となる毎日駅伝(11月23日開催)では6区を走って区間賞を得ている。全国の強豪がそろう正月の駅伝ではさすがに区間賞は遠かったが、名門黒崎播磨の同僚選手にもまれたくましい姿をテレビ映像で披露した。
 同じ駅伝では筑紫女学園チームで活躍していた園田聖子選手も大学駅伝でひときわ光る記録を残している。所属している立命館大学は、全日本大学女子駅伝で4連覇、富士山駅伝でも優勝しており大学女子駅伝の頂点に君臨している。インターネット情報によれば園田選手はスタメン出場し、同チームの優勝に常に絡んでいる。
 魁誠高校フェンシング部出身の黒木夢選手も日本大学に進学し全日本レベルの大会で好成績をおさめている。
 中体連のバドミントン県大会・九州大会にも出場しこの篠栗新聞で活躍を報告した藤川敬選手も北九州のバドミントン名門高校への進学が決まったと聞く。
 当篠栗新聞には情報網が貧弱でインターネット情報に頼りがちである。読者の皆さんの情報提供を心待ちしています。


◆ 福岡県女子柔道選手権大会 12月7日

 12月7日、福岡武道館において第31回福岡県女子柔道選手権大会が開催され、篠栗町体育協会柔道部から9名の柔道少女が出場しました。

 多くの篠栗の選手が健闘する中、小学一年生の部で川分亜美さん(勢門小)が優勝し福岡県チャンピオンとなりました。(写真・情報提供=姥一彦さん)